僕の情熱

ワクワクする人生を。

読書感想#25 自伝「大陸を走って横断する僕の話」

読書感想#25 自伝「大陸を走って横断する僕の話」 井上真悟

 

◼︎井上真悟

24時間走2010年世界王者 2019年日本代表

 

長い距離を走っているならご存知の方が多いかと思います。

僕自身は5年前から走り始め、もっぱらトレイルですが、何かのタイミングで彼の存在を知りました。

一昨年、僕の住む戸田公園で、彼が一コマを担当するセミナーがあり参加したことで、直接お会いする機会にも恵まれました。

 

 

過去台湾にて出版され同書の日本語版がnoteにて21日間の連載開始です。

 

◼︎No.22あとがき(無料No.)

https://note.mu/shi5in24marathon/n/na719fba318a6

 

今日時点で、No.6「マラソン」まで公開されています。

 

最後のNo.21まで読んでいないうえで。

 

情熱の正体が書かれています。

情熱のありかと育て方。

世界を獲ったひとが、相当さらけ出しています。

ある何気ない(?)シーンが僕には響きました。

(有料部分のため非公開)

 

読書感想を定期的に書いておきながら、僕は批評があんまり好きじゃありません。

だから感想です。

(批評家を否定するものではありません)

 

特に、自らの血と骨をさらけ出すことに成功している文章については。

 

 

 

好きか好きじゃないか、ということに尽きます。

 

 

僕は好きです。

 

GO

アンドラ行きたいのだけど、いい?」

「うーん。ええよ」

 

この10年、妻の三那子さんに何かを反対された記憶はない。

 

「仕事でこうしようと思うんだけど」

「ええやん、それ」

 

5年前から走り始めて。

トレイルランニングのレースに出てみたいんだけど」

「うーん?  ええよ」

 

「40キロのレースに出たいんだけど」

「走れんの?ええけど」

 

「80キロのレースに出たいんだけど」

「平気?まぁ、ええよー。」

 

「100マイルのレースに出たいんだけど」

「はやない?まぁ、やってみたらええよ。」

 

当時は、どうやって僕が走ることをやめさせようか考えていたと、ずいぶん後になって聞いた。

 

仕事の上司部下から友人、そして家族や親子など関係が深くなるほど、何かを反対したくなることがある。

大切な人を思うが故に、反対してしまうものだ。

 

でも、本人の望むことをした(させた)方が力を込めることができる。

 

だから、「ええよ」と言う。

 

ただただ「イイね!」と背中を押すことと、

反対意見をもちながら、マイナス面をはっきり認識しながら「ええよ」とゴーサインを出すことは異なる。

 

僕もそんな「GO」を出せる人になると決めている。

アルピニストという言葉の匂い

子どもと山に行くと、いろいろな声をかけてもらう。

「すごいねー!」という声が多い。

 

特に5歳になったばかりの新太は、その度に復活するので、大変ありがたいこと。

 

先日大山に登った際、荷揚げ中の強力兄さんと会話しながら行く新太を見たある方が言った。

 

「すごいなきみ。将来はアルピニストだな」

 

冗談混じりの、いつもの励ましの声だったが、「アルピニスト」という言葉にドキッとした。

 

その言葉はなんだか死の匂いがする。

 

アルピニスト(alpinist)
《アルプス登山者の意》登山家。特に、高度な技術を要する登山を行う人。

 

親馬鹿の杞憂かもしれない。

大げさだろう。

 

ただ、危ないことはしてほしくない。

危ないことはさせない。

 

その上で、本人にその気がある限りは一緒に強くなりたい。

 

アルピニストにする気はまったくない。

 

 

 

山における弱音ポイント

子どもたちと山に行っています。

新太(5)はマストで、映奈(7)はタイミングがあえば。

少しずつ行動時間を増やし、先日は大山(神奈川県)に行きました。

約5時間かけて、6.6km 978m D+ を達成。

道中、ふたりからいろいろな弱音がでてくることがあります。

並べてみると…。

 

・階段しんどい

・ずっと登りしんどい

・ずっとくだりしんどい

・岩ばっかりで(ガレてて)しんどい

・お腹空いた

・暑い

・寒い

 

どうでしょう、弱音のオンパレード。

しかしこれ、練習やレースでもよくあることですよね。

鍛えた大人も、山に行き始めた子どもも、弱音ポイントに大差ないんだなと、妙に納得しました。

 

僕もふたりも少しずつ強くなっていきます。

 

リディアードセミナー初参加

リディアードセミナー(https://www.bbm-japan.com/_ct/17166847)に参加してきました。

f:id:taka465:20190609190441j:image

f:id:taka465:20190609190445j:image

2日間、約16時間?かなりのボリュームでした。

 

僕が打ち込んでいるウルトラトレイルだけでなく、様々な有酸素運動に横展開できる理論です。

 

伝道者のNobbyさんをはじめとして、実業団の監督・コーチ、各層の指導者、ランナーから直接話を聞くことが出来ました。

 

そして、どう見てもインプット過多です。ありがとうございます!

手始めに僕と新太(5歳〜についても話しがあったため)で試していきます。

15年後のペーサー打診と彼の答え

KOUMIをずっと開催して頂くとして。

 

6月で5歳になる息子・新太にペーサーを打診してみた。

 

僕「15年経ったら新太20歳になるから、おとうさんのペーサーしてくれない?長野のKOUMI、新太も知ってるでしょ」

 

新太「おとうさんは何歳になってるの?」

 

僕「50歳だね。いまより強くなってるよ」

 

新太「あらたは、はやくてゆっくり走れないからペーサーできない。おとうさんにあわせて走れない。あらたははやいから」

 

僕「え」

 

とりあえず、15年後に彼をぶっち切ります。